FXSポート設定ページのダイヤルプラン設定で以下の文字列を作成します。
{L: 404x+| L:770x+ | L:678x+| L:119 | x+}
ただし、この機能をサポートしているのはHT503だけです。